育毛剤プロペシアは臨床的に発毛効果が確認されています

AGA治療で使われるフィナステリドやプロペシアといったものには初期脱毛という副作用を起こすことがあります。

薄毛治療をしているのに毛が抜けるというのは変な薬なんじゃないかと心配になってしまいますね。

しかし、初期脱毛を発症するという事は薬効がではじめたという事なので悲観しなくて大丈夫です。

初期脱毛によって抜けた毛はというのは不健康な毛ですのでそれらが抜けた後、健康な髪の毛が生えてくるようになります。

初期脱毛はAGA治療を開始してから1から2ヶ月の間に発症しミノキシジルを使用した場合でも一旦不健康な毛が抜け落ちるという副作用が起こります。

AGA治療に有効な薬には内服薬のプロペシアや塗り薬ではミノキシジルを配合した医薬品が使われます。

プロペシアは病院で医師の診察を受けて処方箋や指示書を出してもらわなければ入手できません。

ミノキシジルは市販の育毛剤にも配合されている成分なので薬剤師がいる薬局やドラッグストアで買う事ができます。

ミノキシジルには内服薬もありますが国内でAGA治療に認可されているのは塗り薬だけです。

内服薬のミノキシジルは個人輸入で購入できますが100%自己責任なのでお勧めすることはできません。

薄毛・抜け毛にお悩みの方は、まずAGA治療は病院で診察してもらい薄毛治療薬を処方してもらうことから始めましょう。

保険適用外ですので、全額実費となりますが市販されている薬よりはるかに効き目があります。

でも、プロペシアは副作用が怖いという人にはミノキシジルという薬もAGA治療には有効ですから、そちらを使うのも良いでしょう。

プロペシアと同様にミノキシジルもAGA診療ガイドラインで認められているので医学的根拠に基づいた信頼できる薬品です。

ミノキシジルには頭皮に塗布する塗り薬と内服薬がありますが、国内でAGA治療に認められているのは塗り薬の方だけとなっています。

AGA治療に真剣に取り組むのであれば日頃の食生活にも気を付けなければいけません。

毎日忙しいからと言ってファストフードやコンビニ弁当では脂質を摂り過ぎてしまったり塩分過多による血行不良の恐れも。

日頃から髪の毛の素となるタンパク質やビタミンを多く摂り亜鉛もきちんと摂取し抜け毛や白髪の予防をしていきましょう。

タンパク質はタマゴや乳製品、ビタミンは緑黄色野菜など亜鉛はレバーや牛肉などに多く含まれています。

また、緑茶には血圧の上昇を抑えてくれるばかりでなくリラックス効果もあるのでストレスの軽減にも有効です。

AGA治療を安くしたいのなら育毛剤を購入するのがお勧めです。

様々な有効成分が多く配合された育毛剤が販売されており薬剤師がいるドラッグストアなら処方箋なしで買う事ができます。

インターネットでミノキシジルを個人輸入する人もいるようですが品質面での保証が無いのでおすすめできません。

ミノキシジルは頭皮の血行を改善することにより育毛効果を狙っていますので保険が使える医薬品で同様の効果があれば代用する事も可能です。

ストレスを溜めない事や飲酒を控えることもAGA治療には有効です。

AGA治療を始めたいのだけれど何科を受診すれば良いの?と思っている人もいるかと思います。

AGA治療というのは基本的には投薬治療となりますのでプロペシアを処方してもらうのなら内科か皮膚科になります。

しかし、病院によってはプロペシアの処方を行っていないところもあるので受診の前に確認したほうが良いと思います。

又、一般病院のお医者さんはAGA治療が専門ではないのでAGA専門のクリニックを受診した方が確実です。

中にはより効果が出やすいように独自調合してくれるクリニックやメソセラピー治療を受けられるといったクリニックもありますので専門クリニックの受診をお勧めします。

AGAとは具体的にどのようなものかご存知ですか?AGAとは男性型脱毛症のことで男性に見られる頭髪が薄くなる症状のことを指します薄毛や脱毛といったものは昔から男性のテーマだったようで巷には数多くの育毛剤が氾濫しています。

近年、やっと医療機関で治療を受けられるようになりましたが保険が使えない自己負担診療になります。

医療費負担は大きいですが、医者の診断でAGA専用の治療薬を処方してくれることで市販薬よりも薄毛・抜け毛の症状が改善した人はグンと増えました。

ただし、AGA治療とは対処療法ですから、投薬治療を辞めてしまうと元の薄毛状態に戻ってしまいます。

AGA治療薬として定番のプロペシアは処方箋をもらうために通院しなければ買う事ができません。

医薬部外品のようにドラッグストアで販売されておらず自由診療なので高価なことが難点でした。

そんな状況が続いていましたが、プロペシアにもジェネリックが開発され従来と同じ成分で半額以下の薬品も販売されるようになりました。

参考:【AGA遺伝子検査の結果がキターー!!】その内容はいかに?



ジェネリック医薬品はドイツやイギリスなどで広く普及しており先発医薬品と同じ有効成分を使いますが飲みやすく改良されることもあります。

先発医薬品で成分の有効性は実証されていますから新規で開発する部分が少ないのでローコスト化が可能になります。

AGA治療は健康保険適用外の治療なので治療費は全て自己負担になります。

医薬品のプロペシアは医師の処方箋が必要なので1回の受診で約3000円の費用がかかります。

加えて、プロペシア1錠が250円(万有製薬公式価格)しますから診察料と薬代で、1か月1万円以上の費用がかかる計算になります。

ミノキシジルは医薬部外品なので処方箋が無くても買う事ができます。

ミノキシジルを5%も配合しているリアップx5は医薬部外品として市販されていますがこちらもプロペシアと同じくらい高価な育毛剤です。

AGAを治療をする場合市販の育毛剤を使うよりもまずは皮膚科医に診察してもらうことをおすすめします。

皮膚科で処方される薬というのは医薬品なのでドラッグストアで販売されている医薬部外品よりも効き目があります。

処方される薬は保険が適用されませんので市販薬より高価になってしまいますが効果の薄い育毛剤を使っているよりは結果が期待できますし、長い目で見れば安上がりになるかもしれません。

又、薬だけではなく日常生活でも頭皮ケアをすることによってぐっと効果が高まるのでおすすめです。

規則正しい生活を意識し、食生活を見直してみると良いでしょう。