住宅ローンを完済するためには?

住宅ローン【フラット35等】を完済出来ていない状況で離婚することになった場合、返済できていない分の支払いは誰がするのでしょうか。

ことさら18歳未満のお子さんがいる場合、ローンはもちろん家族を養うためのお金や場合によっては慰謝料が発生します。

始めに契約内容を確認し、名義は誰になっているかを調べ、後で問題が起こらないよう夫婦でしっかり話し合いをしましょう。

魅力的な商品「フラット35」とはずっと固定金利だし保証料や繰上げ返済手数料0円など、メリットもたくさん!多少なりともお金に換えるために家を売り渡す場合には、ローンの方が販売価格よりも高くなってしまうと、返済を余儀なくされてしまうケースが多いです。

こうした場合も考慮して検討してみてはいかがでしょうか。

都合により住宅ローンがまだ残っている段階で失業した時は、未完済のまま終わってしまうのでしょうか。

問題が起こっても事前に対処出来るようにしておきましょう。

今、どのような立場に自分が立っているのか確認します。

リストラされた原因が私にあるのか、それとも会社側の理由なのかその理由如何で支給される金額も大きく変わるからです。

職場の事由であれば、失業手当が1年間支給されるはずなのでもう一度職場探しをしながら残りを返済に充てると良いでしょう。

但し一回でも延滞してしまうと、続けられなくなるのでまず何を第一にすべきかを考え行動しましょう。

フラット35といえば、ずっと固定金利だし保証料や繰上げ返済手数料0円など、利点も多い上、返済中万一のことがあった場合に備えて、機構団体信用生命保険や3大疾病保障付機構団体信用生命保険をご用意しています。

何千万という高額な単位の住宅ローンなので、0.1%でも安い金利で抑えたいという方が大半だと思います。

なので、この場を借りて安価で口コミでも評判の是非、利用して頂きたい銀行を紹介したいと思います。

お得な情報が満載の『イオン銀行』がとても人気です。

注目のポイントのその利息の安さにあると言えますし、加えて、提携先であるイオンでショッピングをすると何%か値引きされるサービスをご利用頂けます。

他では手数料がかかる繰上げ返済も手数料なしで利用出来ます。

他にも銀行毎に特徴があるのでしっかり調べておきましょう。

参考→住宅ローン返済を軽くする方法は?消費税増税対策!【借り換えは?】

ほとんどの人が得すると言われる住宅ローン借り換えですが借り換えの手続きはいつから可能なのでしょうか。

最短はわからず半年からできるケースもあるようですが、例えば、フラット35の借り換え融資を利用する際の条件として、申込日前日までの1年間返済を滞りなく進めている方という項目があり、他の銀行もほとんど同じ審査基準と考えたほうが良いです。

また、住宅ローンの借り換えには登記などの手数料が必要になったり担保となる住宅が中古物件になることから審査が通りにくくなります。

新規の借入時よりもさらに金利が下がっていればメリットはありますが、少なくとも1年間返済をした後に検討しましょう。

月々のローンの支払額を抑えようと思い、住宅ローン借り換えを行う家庭もあると思います。

気になるのはその場合、今までの火災保険はどうしたら良いのでしょうか。

もし今、借り入れているのが旧公庫ローンの場合は借り換えても特約火災保険を継続できます。

また、旧公庫ローンから民間ローンへ借り換える際に別の保険に加入することもできます。

もし、特約火災保険を継続するのなら保険金の見直しを行いましょう。

なぜかというと住宅再建に必要な保険金をきちんと受け取るには、ほったらかしやすい保険なのでいい機会だと思って火災保険は契約したらほったらかしになりやすいので借り換えを機に見直してはいかがでしょうか。

住宅ローンを組んでいる際にメリットの大きい住宅ローン控除ですが住宅ローン借り換えを行う場合、控除はどうなるのでしょうか。

住宅ローン控除制度とは10年間にわたって年末時点の住宅ローン残高の1%が所得税額から還付される制度です。

借り換えをする際に控除のメリットをフルに受けられるようにすることが重要なポイントとFPの方も言っています。

控除をフルに活用するには、返済期間を10年以上にすることや金利1%未満なら繰上げ返済しないようにしましょう。

繰上げ返済をしない理由はローン控除では1%の所得税が還付されるので金利が1%未満の場合、戻ってくる所得税よりも支払っている金利が大きくなります。

住宅ローン借り換えを行う場合、様々な手続きが必要です。

一例としては、抵当権設定・抹消登記などです。

登記手続きなどの実務自体は司法書士が代わりに行いますが司法書士を選択する権利が申込者側にあるので金融機関次第では自分で選べるローンもあります。

借り換えを行う多くの方は司法書士の知り合いがいないのが普通だと思うので金融機関が指定する司法書士を選ぶことも多いです。

司法書士を選べるかどうかは銀行機関ごとに違うので確認してください。

他にも申し込み段階で準備する書類や手続きも多いので借り換えメリットと比べて行わないという決断をする人もいます。

住宅ローン借り換えについて調べていると気になる事実を発見しました。

それは、現在住んでいない住宅の場合は住宅ローンを借り換えられないということです。

どういった場合にそういった事態が起きるかというと転勤することになって賃貸料と二重になってキツイので、金利の低いローンに変更して支払額を抑えようと思ったときです。

なぜ借り換え不可能かというと、住宅ローンという制度は自身の居住のための資金を対象にしているからです。

そのため、いろいろな金融機関を探しても借り換え前よりも良い条件のローンは見つからないと思います。

離婚で別居する際なども家族扱いにならないので同じことが言えます。

住宅を購入する際に住宅ローン控除の適用を受けたいですが実は住宅ローン借り換え後でも要件を満たしていれば利用できるんです。

しかし、この制度を利用するには勤務先で年末調整をしていた方でも、初めて住宅ローン控除の適用を受けるには確定申告を行う必要があります。

その際、提出する必要書類が多いので前もって準備を始めましょう。

借り換え後でも活用できる要件としては、当初の住宅ローン返済のためという要件と借り換え後の借入期間が10年以上に設定されているかという点です。

基本的に借り換えを行う理由は借金を返すのが目的ではなく金利を見直すためなのでほとんどの場合で適用可能なことが多いです。

突然ですが皆さんは住宅ローン借り換えをしたことがありますか?多くの人は行った経験がないはずです。

借り換えを行う時のために流れを確認しましょう。

まず最初に行うのは、現在のローンを再確認することです。

確認したら銀行機関のHPに設置されている借り換えシミュレーションで毎月の支払い額や総費用を確認してみましょう。

シミュレーションして借り換え用と思ったら次は銀行選びです。

金利以外にも保証料なども見て自分に合ったローンを選びましょう。

条件に合うローンが見つかったら次は仮審査です。

複数の銀行から融資OKをもらったらその中から条件のいい銀行を選びましょう。

ここ数年、ネット銀行などでは非常に低い住宅ローン金利を設定している場合があり、住宅ローン借り換えを行う人も多いようです。

その際、夫婦や親子でローンを組む場合は相続税に注意が必要です。

どういった場合に注意が必要かというと最初にローンを組んだ時に夫婦共有持分として契約していたのが実際は夫が全額返済しているため借り換え時に夫の単独名義になる問題が出てきます。

こういった連帯債務から単独債務への借り換えには金利以外の税負担が伴う可能性があるため、税理士や金融機関に相談してください。

場合によっては、借り換えを行なって受けられるメリットと贈与税の負担を比べて借り換えをしないほうがいい場合もあります。

住宅ローンを減らしたいと考えている人の中には住宅ローン借り換えを行うかで悩んでいる方もいるのではないでしょうか。

その際に、新しい住宅ローンを探すことになりますが金利が低い以外にどんなメリットがあるのでしょうか。

具体的に、どういったメリットで選ぶかというと保証料がかからないこともメリットの一つです。

例えば繰上げ返済を行う際にネットからできる、一円から返済できる、といったことが大切です。

また、一番のメリットと言われているのが繰上げ返済が簡単で手数料が無料なことです。

繰上げ返済を行えば行うほど元本も利息も減ります。

住宅ローン借り換えとは、別の銀行からお金を借りて、現在借入中の銀行機関に完済することで債務を借り換え先に移すことです。

借り換えに関しては借入している銀行の承諾は必要ないので理論上、何度借り換えを行なっても問題はありません。

ただ、なにかしらのメリットがあるから借り換えを行うわけです。

そのため、多い人でも2、3回が限界と言われています。

3回も行えば十分低金利なところから借りている形になるからです。

なぜかというと住宅ローン金利が今後どうなるのかは専門家も予測不可能だからです。

そのため、借り換えの時期とよく言われているのが借り換えメリットが月収以上の金額になったときです。