一度きりの経験夜行バスのお話とは?

夜行バス、数年前に人生で一度だけ使いました。
都心から地元までおよそ10時間の旅でしたが、とにかく体が疲れたことを覚えています。
また、長時間の移動でも窓の外の景色をぼんやり眺めてれば気も紛れるかなーなんて思っていたら、車内はカーテンがしっかり閉まっていて、しかもすぐ消灯してしまって、寝る以外に本当にやることがない!と途方に暮れたことを覚えています。
一応それぞれの席に読書ができるくらいの灯りはついていたと記憶していますが、周りが睡眠モードに入っていると何だか灯りひとつつけるのにも遠慮してしまい、居心地の悪い思いをしながらバスに揺られていました。
夜行バスの料金はどんどん格安化が進んでもちろん魅力的なのですが、体の負担などを考えると私はそれ以外の移動手段を選択するようにしています。
あと、夜行バスの事故のニュースが度々報じられてからは、やはり怖いなという印象になってしまってます。
キラキラ号夜行バス評判悪い?体験口コミ大暴露!【予約方法は?】