低刺激ヘアカラー通販ナビ - 口コミ人気で選ぶなら?TOP > 選び方と使い方 > パッチテストについて

パッチテストについて

 

従来のヘアカラーや白髪染めは、髪を傷めるものが多くありました。

 

特に自宅用は、素人でも染まるように強めの成分を使っているため刺激も強く、頭皮がピリピリしたりかゆくなったり、ひどい時にはかぶれる事もあったようです。

そのため、使用前にはパッチテストといって、肌荒れが起こらないかチェックする必要がありました。

 

ただし、パッチテストは染めたい日の24-48時間前までに行わなければならず、また一度使って大丈夫であっても、毎回テストしなければならないなど何かと面倒なものです。

 

よって、「他のヘアカラーでは問題なかったし…」と、パッチテストをしないで使う人も多いのではないでしょうか。

 

それにより、トラブルが起こった時にはダメージも大きくなりがちです。

 

そんななか通販サイトで人気の製品は、パッチテストいらずの物が多いようです。

 

ランキングサイトや口コミでも、「パッチテスト、手袋をする必要はありません」「パッチテストの表記がどこにもない」といった評価がアップされています。

 

これは、誰が使っても安全でトラブルの心配がない実証なので、さすがは天然成分ですね。

 

どちらかと言えば、色のついたトリートメントで徐々に染まっていくという感じなので、今までのヘアカラーとは別物と考えた方が良いかもしれません。

 

もちろん、心配な方は試し染めしてみるのがより安心ですが、市販のヘアカラーをしていた方には、パッチテストがいらないというだけでもかなり好評のようですね。

 

選び方と使い方記事一覧

選び方について

髪にやさしいヘアカラーとして大人気の「低刺激ヘアカラー」。人気ランキングや口コミサイトでチェックすると、トリートメントタイプやクリームタイプ、ムースタイプ、シャンプータイプ...

天然素材のものを選ぶ

天然素材を使うことで、髪にダメージを与えず逆にトリートメント効果を強化して、髪を補修・健康回復するのが低刺激ヘアカラーは、刺激が強くダメージを与えがちな市販カラーのデメリットや、不...

パッチテストについて

従来のヘアカラーや白髪染めは、髪を傷めるものが多くありました。特に自宅用は、素人でも染まるように強めの成分を使っているため刺激も強く、頭皮がピリピリしたりかゆくなったり、ひ...

失敗を防ぐポイントとは?

「髪が傷まない」「頭皮がかぶれない」「髪がサラサラになる」と、良い事づくめの低刺激ヘアカラーですが、市販品とは成分も使い方も違うので、それを理解しておかないと「え?」と思うことはあ...