低刺激ヘアカラー通販ナビ - 口コミ人気で選ぶなら?TOP > 選び方と使い方 > 選び方について

選び方について

 

髪にやさしいヘアカラーとして大人気の「低刺激ヘアカラー」。

 

人気ランキングや口コミサイトでチェックすると、トリートメントタイプやクリームタイプ、ムースタイプ、シャンプータイプ、また泡やマニキュア型など色々な種類があります。

そのため、ユーザーの評価などを参考に自分に合ったものを見つけたいですね。

 

そんな低刺激ヘアカラーの選び方としては、まずは成分チェックをする事です。

 

天然成分配合や無添加のものが人気ですが、昆布だったり日本古来の植物を使っていたりと差異はあるので、きちんとチェックして「良さそうだな」と思うものを選びましょう。

 

使い方は、乾いた状態でつけた後シャンプーするもの、シャンプーとして使うもの、シャンプー後にトリートメントとして使うもの、アウトバスで付けて流す必要のないもの、部分染めなどのバリエーションがあります。

 

ちなみに、「トリートメントとして髪につけてその後半身浴を楽しんでいます」という口コミのように、自分流の楽しみ方をしているユーザーもいるんだとか。

 

急いでいる時には流す必要のないものが便利だし、どこを重視するかで同じ低刺激ヘアカラーでも選ぶ商品は変わってくるかと思います。

 

もちろん色も重要です。

 

黒やダークブラウン系がメインですが、仕上がりサンプルの画像などを参考にして、自分が希望する色に近いものを探して下さい。

 

もちろん容量や値段も大切で、髪の長さで使う量が変わってくるので、コストパフォーマンスも考えて選択しましょう。

 

また、男性用・女性用の有無、香りなども低刺激ヘアカラーのチェックポイントで、初めて使う方には返金保証があるかどうかも選択基準になるかと思います。

 

関連サイト

 

 

選び方と使い方記事一覧

選び方について

髪にやさしいヘアカラーとして大人気の「低刺激ヘアカラー」。人気ランキングや口コミサイトでチェックすると、トリートメントタイプやクリームタイプ、ムースタイプ、シャンプータイプ...

天然素材のものを選ぶ

天然素材を使うことで、髪にダメージを与えず逆にトリートメント効果を強化して、髪を補修・健康回復するのが低刺激ヘアカラーは、刺激が強くダメージを与えがちな市販カラーのデメリットや、不...

パッチテストについて

従来のヘアカラーや白髪染めは、髪を傷めるものが多くありました。特に自宅用は、素人でも染まるように強めの成分を使っているため刺激も強く、頭皮がピリピリしたりかゆくなったり、ひ...

失敗を防ぐポイントとは?

「髪が傷まない」「頭皮がかぶれない」「髪がサラサラになる」と、良い事づくめの低刺激ヘアカラーですが、市販品とは成分も使い方も違うので、それを理解しておかないと「え?」と思うことはあ...